New year, new start, new you(& me).

January01,12 08:09AM

“For last year’s words belong to last year’s language and next year’s words await another voice.”

 

 

 

—————————————–

本年も宜しくお願い致します。

大切な人達に一つでも多く素敵なことが訪れ、少しでも辛い出来事に目を付けられることなく毎日を過ごすことが出来るように願って。

 

 

多くの人にとってそうであったように、昨年は個人的にも印象に残る一年だった。これまでなんとなくおざなりにしてしまっていたことのしわ寄せが、具体的な形で露見するような出来事がいくつかあった。それもお節介にも、馬鹿でもわかるような、とてもわかりやすい形で示してくれるもので、その度になにやら自分なりに整理していたつもりのものを外に放り出さなければいけない、ということを繰り返していたような気がする。

とかなんとか考えているうち、うまく言葉に出来なくなってしまった。それではだめなので、自分なりの整理を付ける必要がある。

 

細かいことをのぞけば大事なことはとてもシンプルで、望むこともそう多くはない。というか1人の人間が両手を使って抱えられるものの量なんてたかが知れている。みんな最初から知っていること。でもわからなくなることが多い。だから、自分の中に指標や芯をもつことはとても大切だけど、それと同じくらい大切なのは自分以外の場所にそれらを持つこと。そして、そう多くはないとしても、自分の手の届く範囲にいる人達をとにかく大切に。

 

年が明けて、何かを抱えて地元を離れてから10年経ったことになる。当時想像していたことに近いことを、やれているとも思う。

でも今自分にとっていちばん大事なことはそういうことではない。

 

 

追:今年は年賀状を印刷に回す時間が取れませんでした。決して忘れていたわけではなく。

 

apt_greeting_11.jpg